読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

敏感肌が綴る道産のブログ

敏感肌のアラサー主婦が書いてます。

クマ

◉クマは原因にあわせたお手入れで予防する

【一般的にいわれるクマは大きく分けると3種類】

疲れてるねといわれるのがいやで、目の下のクマを
気にしているヒトはとても多いです。
クマとみなさんがいうものにはいくつか種類があります。

ただし、本当の意味でのクマは、血液がうっ滞して
青く見えるものです。

【年齢とともにまぶたは薄くなりクマは目立ってくる】

クマを理解するために目とそのまわりの構造を
知っておきましょう。

眼球のまわりは、クッションの役割をするための
やわらかい脂肪でおおわれています。
それみ、まぶたが支えているわけですが、まぶたの
皮膚はとても薄く、人体では最も薄い部分。
加えて皮脂腺が少ないため乾燥しやすく、
神経も敏感なところ。

このように、まぶたの皮膚は、明らかに顔の他の
部分の皮膚とは異なる構造をもっています。
たとえばほほは、まぶたと違って皮膚が厚く
皮下脂肪も多い部分です。
そのため、下まぶたとほほの間にどうしても
境界線がついてしまい、それがクマと呼ばれます。
年とともにまぶたの皮膚はより薄くなっていきますから
誰でも多少はクマが出やすくなりますが、
クマについては目立つ、目立たないにかなりの個人差
があります。