敏感肌が綴る道産のブログ

敏感肌のアラサー主婦が書いてます。

肌をサビさせる酸化とは

買ったときはピカピカだった自転車がいつの間にか サビてしまった、そんな経験ありますよね。このサビる現象は酸化といわれるもの。皮をむいたりんごが時間とともに茶色くなっていくのも 酸化によるものです。じつは、この酸化は肌内でも起きているのです。…

肌に残ったファンでは垢と一緒に落ちる

汚れが残っていると、肌を傷め、老化を早めるけん引に。汚れを徹底的に落とすことこそ、スキンケアの第一歩。夜はまず、クレンジングでファンデーションなどをとり、石鹸でもう一度洗うというのがダブル洗顔です。専門家たちの多くは朝も石鹸洗顔を進めてい…

クレンジングで敏感肌を対策する

◉敏感肌は奪い過ぎないことが大事 肌が弱いのにしっかりちゃんと洗っていませんか? クレンジングってメイクや油汚れホコリなど、 1日の汚れをオフするために使います。 洗浄力が強いと肌バリアを奪い過ぎてしまって肌が乾燥する原因になります。 ましてや…

肌バリア その2

◉やわらかいタオルで水分をそっと吸い取る タオルでこすると肌バリアが壊れます。洗顔後は、水分が肌に残らないよう、丁寧にふきとります。肌に水分が残っていると、蒸発するときに角質細胞が カールしてめくれ、肌が乾燥してしまいます。擦る刺激も肌の乾燥…

正しく効果的な毛穴ケア

◉毛穴大掃除前の入念な汚れ落とし 毛穴汚れを落とす前の下準備。 クレンジング&洗顔で、メイク汚れをしっかり落として おくのが基本。 デコルテの雑菌汚れも除去。手の熱を利用して汚れを引き出し、まずはメイクオフ。 ジェルにぴたっと汚れを吸着させるか…

しみ、そばかすができるメカニズム

◎メラニンを排出できないとシミとなって出てくる 一口にシミといっても、いくつか種類があり、それぞれ原因も異なります。 シミの原因であるメラニンは、色素細胞の中でチロシンというアミノ酸から生成されます。 紫外線によりケラチノサイトに異常が起こる…

美容液

◎美容液の種類と選び方 美容液は、その目的によって種類も様々です。 そんな中でも、主流はやはり保湿美容液です。 乾燥しやすい目元や口元を集中的に保湿することで、 結果的にシワやたるみ対策にもなります。他に、美白美容液、ニキビ用美容液、シワ、シミ…

ミルフィーユ保湿

◎手強い乾燥の救世主。重ね保湿でスペシャルケア乾燥は肌の大敵❢乾燥肌は小じわやくすみ、たるみなど さまざまな肌トラブルの原因。 保湿の大切さはわかっていても、肌の潤いをキープする のはなかなか難しいですよね。そんな手強い乾燥に試したいのがミルフ…

肌バリア

◎肌バリアとなる細胞間脂質の働き 角質細胞の構造はよくブロックとセメントに例えられます。角質細胞同士を角質細胞間脂質が結びつけることで、 内部の水分蒸発を抑え、外部の刺激から守るという 役割があります。角質細胞間脂質は水を抱える親水基と脂質と…

シミ

◎シミのタイプに合わせたお手入れや治療シミが気になりはじめたらあなたはどんなケアを しますか?大半の人がまず美白化粧品を選ぶと思います。シミは、紫外線によってメラニンが増えたものなので 美白成分でケアすれば薄くなると考えるのも当然ですが、 実…

とにかく保湿が大切

◎やみくもに化粧水をつけてもダメ。水分が浸透するとは美しい肌の条件に潤いは欠かせません。美肌効果を期待して、高価なクリームや美容液を 次々と購入している人は多いと思います。まずは、保湿のしくみを理解して、正しいスキンケアで 潤いのある素肌を目…

たるみ予防

◉たるみ予防にはシワと同じお手入れを【原因は同じだから化粧品は1つで大丈夫】たるみ毛穴、涙袋、二重顎、ほうれい線のいずれも 原因は同じで!コラーゲンの弾力が弱まって脂肪などを 支えきれず、たるんでしまうということ。さらにシワも、コラーゲンの変…

ハリや弾力

◉肌にハリや弾力をもたらす食品をとる【咀嚼回数が増える食材でたるみを予防】たるみの原因は基本的にシワと同じなので、 抗酸化力の高いビタミンA、C、Eをとると有効。とくにビタミンCは、老化の原因となる過酸化脂質を 抑える働きもあります。また最近は、…

ニキビ

◉男性ホルモンとニキビニキビは男性ホルモンが多いからできるのだとよく いわれますが、果たして本当にそうでしょうか。たしかに毛包漏斗部の角化には、男性ホルモンも 関与します。しかし、血液中の男性ホルモンが本当に高くなれば、 ニキビだけでなく、筋…

クマ

◉クマは原因にあわせたお手入れで予防する【一般的にいわれるクマは大きく分けると3種類】疲れてるねといわれるのがいやで、目の下のクマを 気にしているヒトはとても多いです。 クマとみなさんがいうものにはいくつか種類があります。ただし、本当の意味で…

乾いた肌②

化粧水だけは、安物でいいからたっぷりつけろという 習わしもあるようで、とにかく化粧水を何度も 重ねづけしている人が多いようですが、残念ながら あまり意味のないことです。コットンで何度もパッティングしていると、逆に肌を 痛めてしまうこともありま…

乾いた肌

◉乾いた肌に水を与えるだけでは乾燥はおさまらない肌には水分が大切だから、化粧水はいちばん大事と 考えている人がほとんどだと思いますが、それは 間違いです。化粧水が、そのまま肌の水分になるわけはないからです。私達の肌の水分を守るためにもっとも活…

基本②

美肌は自分で作っていくものです。毎日洗い、栄養を与えて、大切に育てていくものです。そのためには、肌の性質と、化粧品の基本を 知らなければいけません。よい化粧品さえ見つかれば、ずっと綺麗でいられる というほど、簡単なものではないのです。料理だ…

基本

どの肌質でも基本を知らなければ肌悩みは尽きることは ありません。一生懸命スキンケアしているのに、肌の調子が最近 いまいち… うっすらシミが出てきたみたいで心配だけれど どうするのがいちばんいいの? 毎日、肌と向き合っていて、戸惑うこともあるでし…

ニキビケア②

【荒れた肌に追い打ち】ニキビが出来やすい皮膚はとても弱った状態になって います。 このようなときはできるだけ低刺激の化粧品を使うか ほとんど化粧品を使わず無駄な刺激を与えないように するのがベストです。ニキビ肌用の拭き取り化粧水というものが市…

ニキビケア

◉肌環境を整えるのが第一。殺菌に頼ると再発する【抗炎症剤で穏やかに抑える】女性はからだのホルモン周期などで、一時的にニキビが 出来やすくなる時期があると思います。 そういうときにはスペシャルケアとして、ニキビ対策の アイテムを足す人も少なくな…